看護師派遣・単発・短期・バイト求人と派遣会社の選び方

医療機関、単発、スポットは看護師派遣禁止されています

意外と知らない看護師派遣の禁止事項

派遣看護師禁止事項
看護師派遣は実は、医療機関は原則禁止されています。これは派遣法で定められていて、看護師は治療の場である病院、クリニック、老人保健施設への派遣が原則禁止されているのです。

 

専門知識と技術が必要な医療行為を派遣でやることが禁止されているのです。

 

そもそも派遣とは、看護師が派遣会社に登録をしておくと、看護師を必要としている施設が派遣会社に看護師を派遣してほしいと依頼が来るのです。その都度派遣会社は施設へ看護師を一定期間派遣するのです。

 

どの病院も看護師が足りていませんが、次の看護師が採用できるまで派遣で間をつなぐという事が出来ないのです。

 

例外的に認められているのが、紹介予定派遣という直接雇用を前提として一定期間派遣で働く方法(お試し派遣後に直接雇用の正職員になるという方法)と、産休育休代替の代替派遣です。

 

紹介予定派遣は、直接雇用の前に看護師・医療機関側双方が入職後のミスマッチを防ぐために、最長6か月間の派遣期間を経てから直接雇用を希望すれば正職員に慣れる制度です。

 

産休育休代替派遣は、女性の職場である看護師は出産や育児などで長期休暇を取得する場合があるでしょう。その期間のみ派遣看護師を受け入れて間をつなぐことが、派遣法で認められているのです。

 

1か月の派遣や2か月間などの期間限定の看護師派遣がOKなのは、老人福祉施設です。治療の場ではないからで、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、デイサービス、有料老人ホーム、訪問入浴などが挙げられます。

 

それ以外にコールセンター、地域包括支援センターなども治療施設ではないため看護師派遣が可能です。人気のツアーナースも旅行者の付き添いなので派遣が可能です。

 

治療行為が無ければ派遣はできるのでしょうか?

派遣看護師禁止行為
例えば、治療行為が一切ないとしても企業内の医務室はNGです。業務内容で判断するのではなく、働く場所=診療所=クリニックという判断になり看護師派遣が禁止されているためです。

 

健診はどうなるの?
健診でも採血があるところはNGです。理由は医療行為を行うからです。では受診者を案内するだけの仕事内容だったら看護師派遣は可能なのでしょうか??

 

答えはNGです。健診は医療行為を行う場所なので、実際の業務で医療行為は無くても看護師を派遣してはいけない場所だからです。

 

派遣は勤務日数に関しても法律があります

派遣看護師派遣日数制限
看護師に限らない話なのですが、派遣は派遣法でかなり厳しく制限されていて、日雇い派遣が現在は禁止されています。これは以前に不景気になった時に派遣切りが起こり、多くの派遣社員が職を失うことになりました。

 

派遣は派遣期間の間仕事があるのですが、契約更新が無ければ無職になり収入が無くなります。企業や採用側にとっては人が足りない期間のみ人員を確保できるので良いのですが、派遣社員側は人員の調整弁に使われているのです。

 

その最たるものが日雇い派遣で、日雇い派遣は以前はOKだったのですが、一日単位で仕事があるかないかだと不景気の現代に無職の人が増えてしまうため、派遣社員を守る意味で派遣法が改正され日雇い派遣が禁止されたのです。

 

健診で働く看護師は派遣じゃないの??

派遣看護師健診業務
忙しい時期や健康診断の時期だけ期間限定や数日間限定などで働いている健診看護師はどうやって働いているのでしょうか?

 

派遣で働くことが禁止されているだけであって、就業先に直接雇用される分には全く問題ありません(簡単に言うと、忙しいときだけ就業先の健診センターが有期雇用をしているのです。

 

もしくは忙しいときだけ勤務をしてくださいという契約内容のパートです。)期間限定勤務というと派遣と思ってしまうのですが、派遣だと制限が多いため、実際はそうではないのです。

 

実際に単発やスポットで働いている看護師がいるという現状

派遣看護師医療機関勤務の現状
日雇い派遣が禁止されているとはいえ、現職とダブルワークや子育ての合間に単発やスポットで都合よく働きたい看護師は多く、実際に働いている看護師はたくさんいます。

 

夜勤専従は効率よく稼げる手段として看護師に大人気です。これは日雇い派遣に該当するのでは?単発やスポットで働く方法は、2つあります。

 

一つは健診看護師で説明したとおり、就業場所に直接雇用されていれば単発で働くことに何の問題もありません。

 

派遣は単発はだめで、直接雇用(パート・バイト・非常勤など呼び方は色々ありますが)なら月1回の勤務契約でも問題ありません。

 

もう一つは、派遣は派遣法で日雇いが禁止されているので一日単位の仕事はできないのですが、これは一日のみの派遣労働契約が禁止されているだけであって、31日以上(1か月以上)の派遣労働契約が派遣会社と派遣社員の間で締結されていれば問題ありません。

 

派遣の制度は複雑なので深い説明は省略しますが、31日以上の派遣社員として働くという契約を派遣会社との間で結べば、31日間の間に実際の仕事は1日しかなくても問題ないという事です。契約書上は単発ではないのですが、実際は単発勤務ができていることになります。

 

医療機関への単発派遣はできませんから、医療機関で単発やスポットで働きたいなら、派遣会社を通さずに医療機関に直接雇用をしてもらう必要があります。

 

派遣と単発バイトやスポット勤務は違う?

派遣と単発バイトやスポット勤務の違い
実際のお仕事は一日単位や単発だったりするので派遣で都合よく働いているようにみえていますが、派遣だと派遣法の制限があるため派遣で働いたり、医療機関に直接雇用されていたり色んなケースがあるのです。

 

病院で働いている看護師さんの身近に派遣ナースがいる場合もあるでしょう。あれは産休育休代替派遣か、紹介予定派遣か、単発なら病院に直接雇用されているのいずれかなのです。

LINEで送る
看護師派遣会社ならこの2社に登録!

MCナースネット(メディカルコンシェルジュ)
看護師派遣会社ならMCナースネット(メディカルコンシェルジュ)
利用者満足度95%「MCナースネット」運営のメディカル・コンシェルジュは全国17拠点に展開、全国各地で無料出張登録会も開催中!求人数20,000件以上、特に派遣看護師に人気のツアーナース、健診、企業、保健師、学校保健師、イベント救護、離島、リゾート派遣求人も豊富。単発・スポット・短期派遣にも対応しています。メディカルコンシェルジュの社長は医師だから、医療従事者の視点で考えてナースのより良い就業場所を提供出来る看護師派遣会社です。

 

求人取扱エリア
全国


 

▼無料登録「公式サイト」はこちら▼



看護のお仕事派遣(レバレジーズ)
看護師派遣会社なら看護のお仕事派遣(レバレジーズ)
看護のお仕事派遣は看護師転職支援サービス「看護のお仕事」から生まれた、看護師人材派遣サービスです。アドバイザーの丁寧な対応と看護師のお仕事探しの徹底サポートで派遣希望看護師の就業をお手伝いします。大手派遣会社で希望の派遣求人が見つからなかったなら看護のお仕事派遣に相談しましょう。

 

求人取扱エリア
東京・神奈川・埼玉・千葉


 

▼無料登録「公式サイト」はこちら▼



看護師派遣登録のよくある質問

Q. 利用の流れは?

A. 看護師派遣会社にサイト登録後、派遣会社の担当者から連絡が来ます。まず登録内容の確認や今後の流れの説明があり、希望条件を伝えるだけで派遣求人の案内が受けられます。

 

Q. 登録方法は?

A. スマートフォンやパソコンから公式サイト登録フォームに入力するだけです。簡単な情報入力のみで1分程度で登録完了します。WEBだから24時間登録可能です。

 

Q. 登録や利用に料金はかかる?

A. 登録・利用は完全無料です。お仕事紹介を受けるのも無料です。厚生労働省許可の派遣会社なので安心してください。

 

Q. すぐ派遣就業できなくても登録できる?

A. 就業時期が未定でも登録・利用が可能です。派遣求人は入れ替わりが早いのでまず登録して気に入った派遣求人が出たら就業する看護師も多いです。現職中でダブルワーク希望の登録者も多くいます。

 

Q. 派遣会社によって取扱求人は違う?

A. 単発・スポット・短期・夜勤専従などさくっと稼げる派遣求人に強いところや、2〜3か月同じ場所で働ける派遣求人が多いサイトなど、取扱う派遣求人が異なる場合があります。2〜3サイトを併用すると幅広い派遣求人情報が入手できます。

おすすめ求人サイトはこちら

看護師派遣会社 イベントナース ツアーナース リゾートナース