夜勤専従派遣・バイトで働く魅力

夜勤専従バイト・派遣で稼ぐ看護師のメリットと注意点

看護師夜勤専従求人のメリット
夜勤専従看護師で働く魅力は効率よくお金が稼げることが一番のメリットですが、他にも看護師にとって様々なメリットがあります。

 

メリットだけでなく気を付けておきたい注意点も知っておけば夜勤専従看護師として無理なく続けられるでしょう。

 

夜勤専従看護師で働く看護師が感じている魅力とはどんな点でしょうか

 

Point.1 少ない勤務日数で高収入が可能
夜勤専従看護師で働く看護師が感じている魅力
夜勤専従の魅力は何といっても少ない勤務日数で高収入が得られることです。

 

夜勤回数は夜勤専従常勤、夜勤バイト(夜勤派遣)で回数が異なりますが、1勤務あたり3万円前後で、中には3万円台後半の夜勤給与もあります。

 

多ければ月10回勤務という求人もあり、単純計算で30万円くらいの収入となります。

 

勤務日数の面で見ると、常勤と同じ回数の月8〜9回の場合で16〜18日勤務となり休日は14〜13日となります。

 

夜勤以外のお仕事の場合は常勤だと月間の休日数は多くても10日だと思います。14日休めて月30万円の給料となれば非常に効率よく稼げる働き方といえます。

 

夜勤バイト(夜勤派遣)でWワークをしている看護師も、現職と両立して効率良く収入を増やしたいために夜勤を選んでいるケースが多いです。仮に月2回だけ夜勤バイト(夜勤派遣)をしてもプラス6万円の収入が増やせます。

 

夜勤専従の場合は、1日の勤務時間は14時間〜16時間と長くなりますが、2日分の勤務を一度にこなしているので1日あたり8時間勤務×2日分と考えれば普通の就業時間といえます。

 

夜勤専従看護師看護師は片道1時間30分くらいかけて通勤することも多々あります。1の通勤で2日分の勤務が可能となるので多少遠くても通っていて、夜勤を中心に働く看護師もいるのも納得です。

 

 

Point.2 プライベートを充実できる
プライベートを充実できる
夜勤は自由な時間を作りやすい魅力があります。夜勤明け翌日は休日シフトを組むと思うので、夜勤明け後に寝なければ1日半の休みがあるので有意義に時間を遣えます。

 

月8〜9回の夜勤で休日14〜13日だとしても夜勤明けの時間をうまく遣えば、より自由な時間を作り出せます。夜勤明けの時間で旅行に出かければ、移動の電車や飛行機の中で睡眠をとることもできます。

 

夜勤専従で働く看護師の中で、夜勤のみの収入で生活している看護師は日中は勉強をしていることが多いようです。看護師の勉強だけでなく、アロマ、ネイル、建築関係、介護福祉関係など各個人によって事情は違います。

 

学校に合わせて土日のみ夜勤をしたい看護師や、スクールではなく自主的な勉強のため夜勤バイト(夜勤派遣)が無い日に勉強をするなど様々です。

 

お小遣い稼ぎで月に数回の夜勤バイト(夜勤派遣)をする場合は、現職との両立で休みがほとんどなくなってしまいますが、夜勤バイト(夜勤派遣)と同じくらい稼げる日勤の仕事はないので、日勤の仕事よりも効率良くお小遣い稼ぎができると考えれば、少しでもプライベートの時間を作り出せて、プライベート充実ができる働き方といえます。

 

夜勤のお仕事は、朝の満員電車やラッシュではなく午後にゆっくり出発して、夜勤明けも10時ころなので電車も空いています。車通勤の場合やバスを利用する場合でも朝夕のラッシュ時間ではないので、気持ちも余裕を持てます。

 

日勤とは異なるプライベートの充実やライフスタイルに合わせた働き方ができる点が夜勤専従看護師で働く魅力です。

 

 

Point.3 日勤よりも業務量が少ない

夜勤は16:30〜翌9:30の勤務時間が多いようです。

 

夜勤入り後、夕食の時間がありますが業務中のほとんどの時間は就寝中となります。処置内容や急変対応など、病院の患者状況や施設の入居者状況により忙しさは異なりますが、病院の夜勤は急性期はやることが多く忙しく、慢性期は急性期のような忙しさはありません。

 

介護施設では自立度の高い入居者が多い夜勤はやることが少なく楽だと言われています。

 

介護施設は病院のように看護師が多くないので医療処置が必要な入居者が多いと夜勤看護師はやることが多くなり忙しくなるでしょう(介護施設の医療処置は胃瘻、IVH、酸素ボンベ、痰吸引、褥瘡処置などが挙げられます)。

 

看護師の忙しさは夜勤体制や患者・利用者の状態に左右されるので、看護師・介護士の人数体制、処置内容を必ず確認しましょう。

 

休憩時間をしっかりとれるか、休憩時間以外に仮休憩時間が設定されているかも、忙しさを知る一つの指標ですので確認しましょう。

 

 

Point.4 自分自身の体調管理がしやすくなる
自分自身の体調管理がしやすくなる
看護師の仕事は日勤と夜勤がある勤務なので生活リズムが乱れ体調を崩す看護師もいます。2交代夜勤、3交代夜勤で異なりますが、2交代夜勤で考えると1週間のシフトで日勤3回・夜勤1回の勤務となり、朝から仕事の日が3回と夕方から徹夜で仕事の日が1回あります。

 

さらにシフトは曜日固定ではなく曜日もバラバラですのでなおさら夜勤で体調を崩す可能性が高くなってしまいます。

 

日勤のみの仕事が世の中の時間と合わせやすい生活になるのでしょうけど、効率よく稼げて一定の生活リズムを保てる働き方として夜勤専従は魅力があります。

 

休みが多い点も合わせて、夜勤看護師を長く続けているとなかなか日勤の仕事に戻りづらくなるものです。

 

結婚や子育てで夜勤ができない看護師もいるし、夜勤が合わず日勤のみの仕事を選ぶ看護師もいて、夜勤ができる看護師が足りていない状況となっているので、夜勤バイト(夜勤派遣)の仕事も探せば見つかります。

 

 

Point.5 人間関係に気を遣わなくてよい
人間関係に気を遣わなくてよい
夜勤体制はそもそも職員が少ないので、看護師特有の煩わしい人間関係に悩まされることが少ないです。

 

逆に夜勤は少人数のため組み合わせ次第で辛い夜勤になるという声もありますが、日勤帯のような医師、看護師、患者の板挟みに合うこともなく、夜勤帯の業務をしっかりこなせれば良いので人間関係を気にせずに仕事をしたい看護師にとって働きやすい働き方と言えるでしょう。

 

病院においても介護施設においても、夜勤帯は就寝中の看護業務が大半の時間となるため、職員だけでなく患者・入居者に対しても日勤帯のような人間関係を気にする必要がありません。

 

 

夜勤専従看護師で働くときに気を付けたいこと

看護師夜勤専従求人の注意点
夜勤看護師はメリットたくさんで魅力が多いですが、夜勤で働くときに気を付けておきたいこともあります。

 

注意点.1 看護スキルや経験が求められる
看護スキルや経験が求められる
夜勤看護師は看護師、介護士の人数体制が少ないです。病院なら数名の看護師がいますが、介護施設の場合は看護師1名だったりします。

 

病院看護師と介護施設看護師で求められることや業務内容は異なりますが、いずれも夜勤体制は看護師が少人数です。点滴管理、排泄介助、ナースコール、急変対応など一通りの業務が対応できないと難しいかもしれません。

 

経験が浅い看護師の場合、慣らし日勤でやり方や患者・入居者特性を覚えたり、始めの夜勤数回は先輩が付くなどいきなり一人立ちということはないですが、すぐに少人数体制の夜勤看護師としてシフトに組み込まれます。

 

何でもできる看護師である必要はありませんが、看護経験が1年程度だったり、小児経験しかないけど成人看護の夜勤専従のお仕事だったり、クリニック経験しかないけど夜勤をやりたい場合は、なかなか難しいでしょう。

 

 

注意点.2 夜勤は体力を必要とする仕事

夜勤は始業時間、終業時間、休憩時間が勤務先により異なりますが、1勤務の実働時間が16時間前後になります。

 

(17時間拘束・休憩1時間・実働16時間、休憩2時間なら実働15時間など)休憩取得時間も勤務先により異なりますし、業務状況によって異なるでしょう。

 

夜勤の休憩は仮眠程度となるため、実働16時間を働くだけの体力と集中力が必要となります。看護業務はミスが許されない緊張感があり、夜勤中は看護師の人数が少ないため、体力だけでなく精神的にも疲れる仕事です。業務的に忙しいければなおさら体力も気力も使います。

 

夜勤は夜間の長時間勤務になるため、体質的に合わない可能性もあります。日中の時間に働いて夜は寝るのが本来の人間の体のリズムとなっています。

 

効率良く給料を稼げるからと言って夜勤専従を希望する看護師は多いのですが、実際にやってみると体調不良で長続きしないこともあります。

 

仕事内容においても夜勤看護師になるには、基礎的な看護業務ができなければなかなか夜勤のお仕事に慣れるのは難しいかもしれません。

 

 

注意点.3 希望の夜勤専従看護師求人を見つけられない

夜勤専従常勤、Wワークやお小遣い稼ぎの夜勤バイト(夜勤派遣)を希望する看護師は非常に増えていますが、一方で希望の夜勤求人は見つけづらいものです。
夜勤専従常勤はそもそも人事制度として設定していない医療機関が多く、夜勤バイトやパートも希望の回数や希望の曜日固定が合わないことがあります。

 

夜勤バイト(夜勤派遣)だと希望の給料に合わないこともあるし、常に夜勤の求人が出ているわけでもありません。

 

希望条件に合う夜勤看護師求人を見つけるためには、看護師求人を専門で扱っている転職サイトを利用するのが良いでしょう。

 

専任アドバイザーが医療機関や介護施設を独自取材した情報の提供や、サイトに載っていない非公開求人情報を教えてくれるから、探している条件にマッチした最適な夜勤求人の紹介が受けられます。

 

自分だけでは見つけられない募集中の夜勤求人の紹介や、求人情報に記載されていない夜勤体制や医療処置情報や職場の雰囲気などネットで調べられない情報も教えてくれるし、登録・利用も無料なので看護師求人サイトを利用する看護師が急増中です。

 

 

夜勤専従看護師求人の傾向

看護師夜勤専従求人の傾向と探し方
夜勤の仕事といえば病院が思いつきますが、介護施設(老人保健施設、有料老人ホーム)の夜勤看護師求人もあります。

 

医療技術やスキルを落としたくないから病院夜勤を希望する看護師が多いのですが、プライベートを両立したい・小遣い稼ぎをしたいのなら介護施設の夜勤がおすすめです。1回当たりの夜勤金額も差はなく、1夜勤3万円前後が目安となるでしょう。

 

介護施設は病棟看護業務と比べて医療行為は少なくなります。

 

特に有料老人ホームは医療施設ではなく生活の場という位置づけのため、医療行為は少なく医療設備もあるわけではないので、病棟看護師だけの経験だとギャップを感じる看護師がいます(もっと医療行為をしたい、医療設備が整っていないので不安など)が、そもそも医師もいないので事前に理解しておく必要があります。

 

老人保健施設と有料老人ホームは仕事内容はあまり変わりませんが、有料老人ホームは入居金・月額利用料がかかるので看護スキルだけでなく接遇が求められます。

 

介護施設は病院と比べて利用者の入れ替えが少ないので(長期利用となるため)、利用者の顔と名前を早く覚えるのも仕事の一つです。※特別養護老人ホームは看護師夜勤が原則ありません(オンコール対応のため)。

 

常勤、アルバイト・パート、派遣で夜勤専従の仕事探しは、看護師求人サイトを利用しましょう。常勤だけでなく、単発・短期・1回限りの夜勤求人を取り扱っている求人サイトがおすすめです。

LINEで送る
看護師派遣会社ならこの2社に登録!

MCナースネット(メディカルコンシェルジュ)
看護師派遣会社ならMCナースネット(メディカルコンシェルジュ)
利用者満足度95%「MCナースネット」運営のメディカル・コンシェルジュは全国17拠点に展開、全国各地で無料出張登録会も開催中!求人数20,000件以上、特に派遣看護師に人気のツアーナース、健診、企業、保健師、学校保健師、イベント救護、離島、リゾート派遣求人も豊富。単発・スポット・短期派遣にも対応しています。メディカルコンシェルジュの社長は医師だから、医療従事者の視点で考えてナースのより良い就業場所を提供出来る看護師派遣会社です。

 

求人取扱エリア
全国


 

▼無料登録「公式サイト」はこちら▼



看護のお仕事派遣(レバレジーズ)
看護師派遣会社なら看護のお仕事派遣(レバレジーズ)
看護のお仕事派遣は看護師転職支援サービス「看護のお仕事」から生まれた、看護師人材派遣サービスです。アドバイザーの丁寧な対応と看護師のお仕事探しの徹底サポートで派遣希望看護師の就業をお手伝いします。大手派遣会社で希望の派遣求人が見つからなかったなら看護のお仕事派遣に相談しましょう。

 

求人取扱エリア
東京・神奈川・埼玉・千葉


 

▼無料登録「公式サイト」はこちら▼



看護師派遣登録のよくある質問

Q. 利用の流れは?

A. 看護師派遣会社にサイト登録後、派遣会社の担当者から連絡が来ます。まず登録内容の確認や今後の流れの説明があり、希望条件を伝えるだけで派遣求人の案内が受けられます。

 

Q. 登録方法は?

A. スマートフォンやパソコンから公式サイト登録フォームに入力するだけです。簡単な情報入力のみで1分程度で登録完了します。WEBだから24時間登録可能です。

 

Q. 登録や利用に料金はかかる?

A. 登録・利用は完全無料です。お仕事紹介を受けるのも無料です。厚生労働省許可の派遣会社なので安心してください。

 

Q. すぐ派遣就業できなくても登録できる?

A. 就業時期が未定でも登録・利用が可能です。派遣求人は入れ替わりが早いのでまず登録して気に入った派遣求人が出たら就業する看護師も多いです。現職中でダブルワーク希望の登録者も多くいます。

 

Q. 派遣会社によって取扱求人は違う?

A. 単発・スポット・短期・夜勤専従などさくっと稼げる派遣求人に強いところや、2〜3か月同じ場所で働ける派遣求人が多いサイトなど、取扱う派遣求人が異なる場合があります。2〜3サイトを併用すると幅広い派遣求人情報が入手できます。

おすすめ求人サイトはこちら

看護師派遣会社 イベントナース ツアーナース リゾートナース